縮毛矯正をも傷ませない!進化している弱酸性域のストレートパーマ

この世の縮毛矯正の薬剤は、高アルカリ性で、phが9前後のものを使用しています。

恐らく99%の美容室は、チオ系、もしくはコスメ系の薬剤を使用している。(コスメ系って名前は優しいが、ph値は9に近い)

phがアルカリに傾いていると、髪は膨張します。

アルカリ性の薬剤では

  1. 膨張して、髪の内部を緩ませて、(髪の形をつかさどる)シスチン結合を切ったり繋げたりが容易にできる
  2. 安価で製造できる、仕入れ値が安く済む。
  3. 美容師にとっても使い方が簡単で、健康毛用、カラー毛用、傷んでいる用の3〜4種類の中から選んで使う

というような要素がある。

ただ、最大のデメリットは

  1. 傷む(膨張時にケラチン、コラーゲンなどのタンパク質が流出する)
  2. 髪の毛のコシがなくなり、てろんてろんになる
  3. ダメージ毛、何度もカラーを繰り返している髪、スーパーロングの髪に塗布すると髪がゴワゴワ&チリチリになる可能性がグッと上がる。(薬焼けして焦げたようになる)
  4. ブリーチをしている髪には絶対に使用できない
  5. 髪のダメージレベルは、3〜4種類に分けられるほど簡単ではなく、部位によって無段階にダメージレベルがあり複雑
出典;Google 画像

そこで弱酸性の薬剤(リケラ/ReKERA)を使用

弱酸性の薬剤を使用すると、髪を膨張させないので、タンパク質の流出を最大限に防ぐことができる。

施術側も安心なのです。

リケラ/ReKeraの最大の特徴が、ヘアマゼラン・トリートメントと同じ理論を使い、ケラチンなどのタンパク質を髪内部に結合させて、ぷるんぷるんに髪質を改善させるので、通常のアルカリ性の薬剤と比べて、硬くならない、しなやかな仕上がり、ゴワゴワにならない、子供の頃のような髪質に仕上がるのです。

デメリットもあります。

  1. 薬剤が高価
  2. 使い方が難しい

1,薬剤が高価なので、サロンでは経費削減を考えて導入を諦めるところが多い。料金が高めになるので安い料金設定で営業しているサロンでは、背に腹はかえられないようです。

2,使い方が、薬剤を1cc単位で調合していくので、調合が面倒と思う美容師さんも多いでしょう。

なので、いままで通りの、健康毛用、カラー毛用、傷んでいる髪用のなかから選んで使うという方が簡単かもしれません(ダメージは半端ないですが)

僕の場合、良いものは仕入れ値など考えずに導入していく方針なので、安価で粗悪なものは絶対に使用しません。

そして根っからのオタク体質で、子供の頃から理科の実験大好きな子供だったので(笑)

髪のダメージレベルに合わせて、1cc単位での薬剤調合はメッチャ楽しいのです。なので秤(スケール)も0.01gまで量る事のできるものを使用しています。

1人1人、髪のダメージレベルは異なるし、1人のお客様でも、顔周りの髪は細くてダメージになりやすいし、毛先にいけばいくほどダメージは酷くなります。

そのダメージレベルに合わせて、薬剤を細かく調合できるのは、こだわるオタク体質の美容師にとっては最大のメリットです。(理論が嫌いな美容師にとっては超めんどうらしいですが💦)

結論

【その一】
髪のウネリやクセ毛が気になるけど「傷めたくない」「縮毛矯正は微妙」という方には、リケラ/ReKera ストレートをオススメします。

【その二】
クセ毛ではないけれど、加齢やカラーの繰り返しによるボワッとしたウネリや膨らみは、ヘアマゼラントリートメント

この二つの使い分けで、ダメージレスでしなやかな柔らかい質感の髪を保ちましょう!

僕のお客様で縮毛矯正を受けていたお客様は、ほぼ100%このReKERAストレートに変更し、満足を頂いております!

アメブロ
横浜元町 【横浜周辺の方はこちらをクリック!】
横浜元町、港の見える丘公園に上がっていく路の麓にサロンがあります。代官山よりも料金がリーズナブルに設定しています👍
東京代官山 【東京周辺の方はこちらをクリック】
東京代官山にある美容室で働いています!一軒家を改造したサロンで広々とした空間です
新規のお客様に割引あり!最大20%OFF
札幌市北区 【札幌周辺の方はこちらをクリック!】
あと五名様で新規のお客様の受付を終了します。常連のお客様とそのご紹介の方、もしくは本当に髪に困っている方だけにご利用頂いています。新規のお客様20%OFF!
⭐️SNSフォロー大歓迎⭐️
アイコンをタップして下さい😊
←無料オンラインサロン【フリーランス&ノマド塾】
←フリーランス&ノマド生活
←ノマド美容師
←ノマド的ブリスベン美容師

なぜ「ステップボーンカット」が最悪と言われるのか?

別に悪口でもなく、ディスってるわけじゃなく、妬みでも僻みでもなく、困っている方が増えてきているので記事にしました。

美容師側が勝手に信じるのは良いのだけど…、実際にステップボーンカットに一万円も払って、色々と物を買わされ、手入れができない髪型になり泣いている方も実在するのは、きちんと向き合った方が良いのではと思ったわけです。

人間の髪は、1000人1000色、全て違う。

しかし、

モデルウィッグ(人形)の頭は、どれを選んでも、同じ頭の形、毛流、毛質、などは同じ。同じようにカットすれば、仕上がりも同じになる。

お客さんが、全てモデルウィッグであれば、ステップボーンカットの理屈は分からないでもない。

しかし、人間の場合は違う、あのようなカットをしては、手入れが全くできなくて泣くお客さんは一定数出てくると思う。

カットをする前に、クセの度合い、毛穴の向き、渦巻きの位置は絶対に把握しないと行けない。

頭蓋骨の形や凸凹ももちろん把握しないとダメだが。

ステップボーンの何が欠点かというと、クセ毛の度合い、毛穴の向きと渦巻きの位置を全く無視して、

内側にボコボコと穴を空けていくのがダメなとこだと思う。

肩を超えているロングにもかかわらず、内側に10cmも満たないような短い毛束が、あちこちから出てくる。

このような短い毛束が、頭の中のあちこちから出てくる。

クセ毛は短くすれば、一気にクセが強くでるし、浮き立つ。

しかも渦巻きに近く、真横に毛穴が向いて生えている箇所に、短い穴を空ければ、それはもはや素人では手に負えない仕上がりになる。

そして、穴をあけた短い10cm以下の毛束の髪の上に、30cmもある髪が覆い被さってくれば、それはスイングではなくただのハネでしかない。もう素人では、こんな後頭部のハネは直すことはできない。

三角形の箇所が異常に短くスカスカ。この上に上から長い髪を乗せるのでハネになる。下の赤のラインまでトップの長さがある

去年の2019年から、このように穴ぼこに穴が空いた不揃いのステップボーンカットで酷い目にあって、困ったというお客さんが増えてきた。

とうとう、札幌でもそのようなお客さんが助けを求めてきたので、いい加減なんとかしないとって思うのですが。。。

きっと、直毛で、サラサラの髪で、まとまりの良い髪質だったらステップボーンでも何でも効果があるのかもしれないけれど、

ある程度のクセ毛で、毛流が横向いて生えている髪には、本当に迷惑なカット技法ではないかと思う。

特許を取ったというので、特許文章を読みたいと思って、特許庁のHPで検索したが出てこなかった。

きっと探し方が間違っていたのかもしれない。だれか特許文章を読む方法を教えて欲しい。

ステップボーンカットをされて、お困りの方。直すのには1年とか時間がかかりますが、ご相談に乗ります。

札幌はこちら

代官山はこちら

横浜中区はこちら