第1話) 全て中途半端な子供時代。

海外で働いている人を見たり聞いたりすると、「生まれつき素質があったんだろう」とか、「子供の頃から、クラスで飛びぬけて目立つ存在だったのだろう」と か思いがちである。他に海外で活躍している人達はどうだったのか分からないが、自分の場合は目立たない普通の子供だった。

幼少の頃は近所 のガキ大将に叩かれて泣いて家に駆け込むような子供だったし、女の子とママゴトをしている方が楽しかった。野蛮な事は好きではなく、木登りとか鉄棒でさえ も怖くて登れないような男の子。自分から「○○ちゃん、遊ぼう!」と友達の家に行くことができず、行くくらいなら一人で遊んでいた方が楽しいという子供 だった。

だからと言って、絵はかけない。図画工作は大嫌い。粘土の時間でヘビを作って先生に怒られたくらいだ。夏休みの自由研究は最悪、 こんなものは世の中から消えてくれと子供ながらに毎年思っていたし、宿題はやらない、できない、作文は3行以上書いた事がない。感想文なんてもってのほ か。

それじゃ、運動神経は?と言いたいところだが、サッカー少年団に10歳の時に入ったきり、これまたチームメイトから虐められて辞めてしまった。足は遅い、鉄棒できない、球技もボールを持って何をしていいかわからず、回りから罵声を浴びる。

自 分の胸の骨は奇形なので、普通の人よりも肺活量が少なく、心臓の位置も中心より外側にずれていて肋骨に圧迫されているので、普通の子供よりも運動量はどう しても少なくなる。漏斗胸といって、胸の溝が普通の人より窪んでいるのだ。何らかの理由で体の骨より肋骨だけが先に伸びてしまい、後から体の骨が成長する ので長い肋骨は内側に食い込んでしまうという1000人に1人の割合で起こる先天性の奇形だとか。

運動音痴、芸術性なし、社交性なし、虐められっ子。唯一人よりできたものは珠算2級、書道5段(小学生の部)。そして興味があったものは、電気工学と天文学という変な子供(笑)でも成績はいつも中の中。

他 の児童より計算が速くできたのだが、小学校高学年の算数のテストの時、暗算で答えがでてきちゃうので途中の計算式を書かないで提出したところ、先生から 「隣の学級委員長の答えをカンニングしただろう、A男と同じ答えだ」と頭ごなしに決め付けられ、言い返す事もできずに0点だった事もあった。

虐められていることを先生に訴えても、「甘えるな、お前が悪い」とクラス全員の前で怒鳴られたり。「授業中にお喋りするから、お前の唇はどんどん分厚くなっているんだ」とか、小学校の先生からも虐めの対象になっていた。

子供ながらにも「こんな大人になりたくない」、親の前では良い顔をして、子供の前ではコロリと変わる。この頃から、きっと表裏のある人間が嫌いになったのだろう、今でもこのタイプの人間は好きにはなれない。

中 学校に入学すると、一年生の1学期で勉強は挫折。落ちこぼれの仲間入り。タバコの味も覚え警察から呼び出しが来たこともあった。バスケ部に入るも1年経た ずに退部、集団行動が苦手だった。何をやっても中途半端。将来の夢なんて、そんなの無かった。今思えば勿体ない少年時代をすごした。

中学卒業、高校入学を境目に何かを変えなくてはと、ボンヤリ思っていたのかもしれない。

つづく。。。

ブリスベン・サッカー観戦

2月21日サッカーの試合を見に行ってきました。

ブリスベンにはプレミアリーグという、日本で言うJ2?JFL? に位置するリーグ戦がありまして、そこのチームと契約をしてお金をもらってプレーしている選手がいます。岡田良瑞・ブリスベンサッカー伝もう3年も前から応援しているのですが、今回は開幕戦と言う事もあり、グランドまで応援しに行ってきました。

実は、ビデオカメラ、デジタル一眼と三脚を担いで、このサイトにある岡田選手の画像と動画は僕がカメラマンをさせて頂いております。是非ともウエブサイトをご覧なって下さい!http://soccer.brisbane.jp

結果は残念ながら1-2で負けてしまいましたが、身近で見るゲームは迫力もあり、写真&動画を撮りながら楽しんできました!

第二戦は2月27日土曜日、午後7時キックオフです!詳しくは上記のウェブサイトを!海外で活躍している日本人を応援しましょう!

僕の応援はこちら→美容師ジョブらんきんぐ

大盛況でした!一周年記念パーティー!

告知しておりました。Y”s Hair Designの一周年記念パーティがお陰様で大盛況に終わりました! 今回、お越し頂けなかった方からも、たくさんのメッセージを頂きまして、誠に有り難うございます。 たくさんのお料理、皆さんがそれぞれ持ち寄りで一品料理を持ってきてくれたり、飲み物の差し入れもたくさんでした。 本来は、日ごろの感謝を込めて、お客様をもてなそう!という主旨だったのですが、逆に、僕がお客さんから、おもてなしを受けたようでした。皆さんからお花やカード、おめでとうのメッセージを頂いて、本当に有り難く、とても幸せな時間でした。<(_ _)> こうやって、損得勘定無しに、何の下心もなく(笑) このような機会も設けるのは良いものだなと思いました。自分を通して、お客さん同士が仲良くなってくれて、そこでまた絆が生まれて行くのはとても嬉しい事です! 恐らく40人くらいの人が集まったのではないでしょうか。エアコンが効かなくなるくらいの大人数で、大盛況でした。ビールも約40本以上は消費されましたね(笑) 差し入れで、イタリアンソーセージ、イタリアのスィーツ!赤ワインにフルーツ!もう写真を撮るのを忘れるくらいの大賑わいでした♪ 皆さん、海外で頑張っていられる方が集まって、また僕ら日本人を支えてくれるオーストラリア人やその他の国籍の人達、こうやってグローバルな関係を築いていけるというのは、本当に楽しく、これからの時代は必要だと感じました。 このお寿司は、シティにあるブロードウェイの地下一階、「Sumou City」さんにお願いをして作って頂きました。メッセージも頂いて、いつもこの御夫婦にはよくして頂いております♪

そして、発起人でありますKeiさん、こちらのカードのデザインを作成して頂き、お料理もたくさん作ってくれました!

実は、このKeiさん、うちのサロンでも販売しておりますハンドメイドを制作しております! そして、4EB-FM Japan Weve 98.1のスタッフも早い時間からお手伝いして頂きました。本当に有り難うございました! また来年、2周年記念のパーティーをやるような勢いを感じました!また皆さんと一緒に楽しい時間を過ごせたらと思います♪ 応援クリックお願いします→美容師jobらんきんぐ

第10話) 西洋は胸、日本は足。

日本からオーストラリア社会に飛び込むと、流行というものが無いように感じられる。

一般に、流行に流されやすい日本人。人と違うものを身につけると疎外感ができて心地が良くない。周りの目が気になる。どこかのカテゴリーに自分が入っていないと不安。海外から日本を分析すると、そんな気がしてならない。

それに比べて、オーストラリア。 誰が何を身につけようが、お構いなし。自分の好きな色を身に付ければいいし、自分の好みを主張しても、誰も何も言わない。ピンクで統一された服やハットを身につけているお婆さんなんて、もう見慣れてしまったし、そんなので振り返っている自分が恥ずかしい。

男の子なんて、みんな短く刈り込んだ髪、短パンにTシャツ、そしてビーチサンダル。これ以上のオシャレをするとゲイに間違われてしまう。日本のメンズノンノやメンズヘアカタログをオージーの男の子に見せたら「おおお~、これって日本のゲイ・マガジンかい!」って興味深く見ていたのを思い出す(笑)日本の男の子が海外に出ると、ゲイに人気があるというのが理解できる。そのくらい日本人の男の子もオシャレなのである。

女性のメイクにしても、日本ではコンビニへ買い物を行くにも、きちんとお化粧をして出かける。しかし、こちらでは、ノーメイクで日焼け止めだけして外出なんて珍しくない。休日であれば間違いなくメイクアップなどしないでスッピンででかける。日本の感覚でメイクして髪の毛を巻いて、外にでれば「今日はパーティなの?」って声をかけられるであろう!

本当に、流行はないのか?って思ってしまうのだが、実は若い子の間ではキチンと流行がある。ただ日本のように周期は短くない。

髪の毛に関しては、 元々が細くて量が少なくクセ毛でウェーブがかかっているので、真っ直ぐにサラサラで量を多く見せたいという傾向がある。パーティの時などは、コテでクルクル巻いて、ゴージャスな髪にする事もあるけれど、やはりストレートアイロンで真っ直ぐに伸ばしたいらしい。

ファッションに関しては、胸を強調させるような服、ワンピースなどが絶対的な人気である。

p2010126.jpg

いくつかのブティックを回ってみました。どれも胸が強調されるようなデザインばかりです。

p2010123.jpg

これを日本人が着ると、どうもバランスがおかしいような気がします。何が違うのかは分からないのですが、何かが違うのでしょう。

p2010128.jpg

仕事柄、日本の女性ファッション雑誌も毎月のように送ってもらい見ていますが、ここで気付いた事は、「日本は足をきれいに見せる」ように意識し、「西洋は胸や背中をセクシーに」デザインされていると思います。