第1話) ブリスベンで有名になる。

<2007年夏>

英語環境の中で仕事をする、外国人の中でたった一人の日本人が自分、これが5年前に掲げた目標だった。今、こうして全員がオーストラリア人、正確に言えば多国籍な英語人に囲まれている。

南アフリカ生まれでイギリス育ちのポールはサロンのオーナー。

オーストラリア生まれのフィオーナは受付と経理全般を行なう頭の切れるシングルマザー。

全国大会チャンピオンという経歴のアンソニーはコテコテのオージー訛りの英語を話す。食べ物の話をいつもしている。

アイルランド生まれでアメリカ育ちのスチュアート、世界で一番大きなヘアカラーの会社でインストラクターをして世界を飛び回っていた経歴を持つカラーリスト。

中間生のケイティはどこから見ても今どきのオージーの女の子、目がクリクリしていて、いつも笑顔で超フレンドリーだ。

見習いのマギーはスペイン人の父とアメリカ人の母を持つオーストラリア生まれの可愛らしい女の子、よくアジア人の男の子から電話番号を聞かれたりしている。

一番下の見習い生は、ニュージーランド出身のマオイ族の血を引き継いでいるトレバー、ゲイだが優しい男の子?女の子?でアジア人のお客さんからも大人気!

スタッフ全員でクリスマス・イブの朝食(2005年12月)

    スタッフ全員でクリスマスの朝食(2005年12月)

全員が個性的でフレンドリーで、外国人の僕に対しても優しく接してくれるし、日本の技術の高さも大絶賛してくれる。カットに置いて、日本と西洋ではどう違うのかを説明したり、カラーにしても、アジア人の黒髪にどうして短時間でキレイに色が入るのか首をかしげて見てるトップカラーリストと、図を描きながらディスカッションする時もあった。自分の英語力アップにも最高の環境であった。

シャンプーをすれば、誰もが「こんなラグジュアリーなシャンプーは今まで経験した事がない!」と賞賛してくれる。オーナーから「全員、このジャパニーズシャンプーをYasuから教えてもらい取得すること」とお達しが出たくらいである。

高級店なので、料金設定も高めだし、お客さんもハイクラスのマダムが多い、職業も弁護士や歯科医、女性議員までいた。学生が入るようなサロンではないところに、僕のお客さん層は思い切り学生で「貴女がこの高級店に入るの?」って顔をされましたと言う日本人のお客さんも何人かいた。

スタッフ全員がお互いの仕事を、とにかく褒め合う、お客さんの足を止めて「ちょっとYasuのカット見せて下さい」ってクシを入れ「褒める」。日本のように足を引っ張っるような妬みや嫌がらせをしたりする人はいない、みんなが気持ちよく仕事をしている。


しかし、自分の仕事は当たり前のことを当たり前にやっているだけで特別な事は何一つない。誰でも出来る事を、誰もできないくらい正直に忠実に目の前の仕事をこなしているだけである。

このような環境下で働ける僕は、運もあったが、運も実力のうちだろうと自負できる部分もある。今までの道のりをブログに付けているのだが、あまり自分の実情を並べると「あんたの自慢話は聞きたくない」と投書がくるのだが、この現状を並べないと話が始まらないので少々我慢して聞いて欲しい。


今では、ブリスベン・ゴールドコースト地区で「ブリスベン美容師Yasu」を知らない人はいないくらいの有名人になってしまった。カット料金も他より高く、予約も忙しい時期には2~3週間以上待たされる人気の美容師。

カットして欲しい人も多いが、美容師Yasuのオージーと一緒に働くまでの道のりの話が聞きたくてカットしにくる学生さん、ブリスベンの美容学校に行っているという学生さん、日本の業界紙に載っていた美容師Yasuの記事を切り取ってブリスベンにまで会いに来て、一緒に写真を撮って帰る美容師さんもいた。

日本食のレストランへ行くと「あっ、もしかして美容師のYasuさんですね!」と気がつかれ、飲み物などをサービスをしてもらい、逆にこっちはチップを払って帰るという事も珍しくない。アジア人向けの食料店で納豆を買っていれば「Yasuさんが納豆買っていた」と噂になるくらいである。(笑)

「どこどこのバス停でバスを待っていた」「あそこで写真を撮っていた」「カメラバックを背負って○○ストリートを走っていた」などなど、いろいろな人が「Yasuさん~してましたよね!」って確認を求めてくる。

先日は在ブリスベン領事館のパーティで「Yasuさんですよね!頑張ってください」って握手を求められて、さすがに照れた。自分はこの3年間で、この180万人の都市ブリスベンの日本人コミュニティですっかり有名人になった。逆に札幌へ帰省したときには、「誰も僕のことを知らない」と安心するという、芸能人が海外へ行く気持ちが分かる、逆輸入?である。


これも実は5年前の目標に掲げていた事だった。自分はこの街で有名人になるために自分で自分をプロモーションしよう。
もしYasuという名前を聞いたら、まっすぐに「美容師のYasu」という答えが出てくるようにしよう。
ある人がアジア人の留学生に「日本人はどこで髪を切っているの?」って聞かれたら「Yasu」って答えがでるくらいになろう。



自分のブランドを確立するために戦略を立てなければ・・・。どうやって自分で自分をプロモーションしていこうか、あの手この手とアイデアを紙に書き出した。

第二話以降は、オンラインサロンメンバーの会員向けのコンテンツです。

オンラインサロンについてはこちら

第2話) 鋏と櫛だけでは世界で通用しない

オーストラリアに来た当初は、当たり前だが誰も僕の事は知らない。普通に英語を勉強している語学学校生、日本から来た留学生である。
英語力はゼロに等しく、テキストの中で分からない単語は「殆ど全部」って感じだった。


銀行へ行っても「英語を話せる人を連れてきなさい」と怒られて口座開設してもらえず、悔しくて隣のライバル銀行へ行って開設した。


プリペイドの携帯電話を買うと、使用開始するには電話会社へ電話して、生年月日やパスポート番号などを知らせなくてはならないのだが、あまりにも僕の英語が通じないので

「ちょっと待ってて」
と言われ、そのまま受話器を机の上に置いたまま、相手はどこかに行ってしまい、僕は20分以上も電話の前で座って待っていた。

「誰か外国人なれしている担当の人が来るのかなぁ」
と思って待っていたが、結局担当者は休憩に出かけたようで、悲しさいっぱいで受話器を置いたものだ。


「こんなんで、英語を話せるようになるんだろうか?」


と切ない気持ちのまま近所の駅から、ホームステイまでのみちのりを、涙がこぼれそうになりながら歩くこともあった。


最初は子供が4人もいる大家族の中にホームステイをした。寝床もあり食うに困らず安全な場所なのだが、結構なお金を払わなくてはいけなかったので、日本にいる間に3週間だけの生活にしようと決めていた。

その三週間にした理由は…、

    最初の一週間で街の中のストリートを把握して掲示板のあるところを探す。
    二週目にはシェアメイト(同居者)募集の張り紙を探して電話をかける。
    三週目にはその部屋を見に行って契約を結ぶ。


これは案外うまくいき、デビッドという日本が大好きなオーストラリア人の家の一室を借りることができた。このデビッドとの出会いが今後の自分の進む道のキーポイントになるとは夢にも思わなかった。

4119.jpg

    (写真)2003年ブリスベン・サウスバンク、人口ビーチ

「なんで自分は辛い思いをしてまでオーストラリアにいるのだろう」

と自分に問いただすことが多々あった。


海外にでた理由は
「海外で生活しているアジア人と日本人のために、髪の毛で困っている人のために、自分の日本で培った技術が役にたつのであれば」
という思いで日本を離れた。

でも不安でかなり辛い。お金も無ければ、コネもない、英語力もない。


自分にとっては、どうも日本社会が理不尽におもえてならなかった。
理容室・美容室の件数は、木村拓哉が美容師を演じたドラマ「ビューティフルライフ」を切っ掛けに美容師人口が急激に増え、それから5年後10年後にはドラマの影響を受けた美容師達がサロンのオーナーになり、美容室一軒あたりの人口の比率は低下するばかり。


美容師人口が増えればスタッフを探すのも容易になり、賃金も最低賃金を守っていれば人件費を低く抑えることができるのかもしれない。
しかし、相当な経営努力は必須だし、新しい技術がどんどん出てきて、流行についていかないと周りから置いていかれるというプレッシャーがある。毎日が他店との競争だし、どれだけ日々練習して高度な技術を身につけようが、業界の安売り合戦の負のスパイラルに引きずりこまれるのが落ち。

働いても働いても儲からない図式が頭の中で見え隠れする、もっと人間らしい生活をしながら誰かのためになることはできないものか。
こんな競争の激化するであろう業界に残って戦う気にはなれないし、働いても働いても利益にならない中で自分の大切な時間を費やしたくない。人と違うことをしてここから抜け出そう!
よく言えば挑戦。悪く言えば「逃げ」なのかもしれない。


「日本にいるよりは、この辛さの方がましだ・・・、辛いが夢が広がる!」

英語さえ身に付けば、自分には技術があるのだと、いつも言い聞かせ歯を食いしばっていた。

第3話) アメリカ生活の夢を叶える

三十路に差し掛かった頃のある日、アメリカ人と結婚をした友達のお姉さんが日本へ一時帰国するとのこと。是非とも海外の話を聞いてみたく、海外の美容師事情について聞いてみた。
「本当に海外って、上手な美容師さんがいなくて、だから海外特派員とかテレビに出てくる人って、変な髪形してるでしょ」

「なるほど…、自分の次の向かう方向はこれかもしれない」

14年の日本の経験があれば…、鋏と櫛さえあれば…、自分は世界中どこにいたって生きていける。やはり昔に夢見た海外へ挑戦してみようか!でも、どうやって?
そう思っていたころ、一冊の本を手にした「アメリカ生活の夢を叶える」といったタイトルの本だったと思う。

そこに、ロサンゼルスで働く日本人美容師が紹介されていた。住所も載っていたので手紙と履歴書を送った。
「もし雇ってもらえるのならシャンプー専属でもよい、労働ビザをサポートしてくれるのなら雑用でもなんでもします。14年の経験のプ ライドは捨ててもよいです」
と手書きで便箋に向かって心を込めて書いた。

その数週間後にアメリカから国際電話がかかってきた。

「最初にアメリカの美容師免許を取らないといけない、試験を早めに申し込んで、テキストを送るから勉強しておいて。そしてビザの準備もしなくてはいけないか ら、弁護士費用と合わせて3,000ドルを国際送金で送って」
とオーナーは国際送金の仕方を教えてくれて、僕は受話器を肩に挟めながらなぐり書きでメモを 取った。


指示された通りにお金を送ったのだが、いくら待ってもテキストは届かない。電話をかけて、まだ届いていない事を告げると

「ごめんね、住所を間違えて書いて、戻ってきてしまった。もう一度送るから待っていて」

エクスプレス便で送ると3~4日で届くとのこと、しかし2週間待っても、まだ届かない。こんなやり取りが二回は続いた。

「こいつ、怪しい」

って思って、すぐに電話した

「来週、そちらに伺って、直接テキストを取りにいきます。そして弁護士費用の領収書も、その時下さい」

伺いますって言ったが、札幌からロサンゼルスだ(笑)

一週間後にはロサンゼルス行きの飛行機の中にいた。

案の定、実際に会ったらこのオーナー誠二(仮名)は挙動不審で怪しい、しかし、自分の海外行きの夢を叶えるためには、この人の手助けが必要だし、既に3,000ドルものお金を払ってしまった。

結局、テキストブックは従業員に貸し出してしまい手元にないとのこと、そんなはずないだろうと突っ込みを入れたかったが、ここは業界の上下関係の厳しさが染み付いているので、「そうですか」としか言えなかった。


尻尾をつかむために、誠二にあるお願いをした。

「ATMマシンが英語で良く分からないのですが、お金を引き出すのを手伝ってもらえないですか?」と一緒に銀行まで行ってもらった。そして自分の暗証番号を教えたのだ。

「これで、このカードの暗証番号を、このアメリカ大陸で知っているのは、自分とこの誠二だけだ」

数日後、誠二は

「ポケットにいつも財布を入れていたら危険だよ。強盗が入ってきた時に、財布も全部渡したら、あとが面倒じゃない。ポケットには20ドルくらい入れておいて、財布はここのサロンの裏側にカバンの中に入れておきなさい」

その時は確かにその通りだなと、アメリカで生活するためのノウハウかと関心し、素直に言われたとおりにした。

嫌な感は当たった。誰からも見えない場所に置いてあるカバンの中から、誠二は僕のクレジットカードを抜き出し、現金を下ろし、また財布の中にカードを戻したのだった。

すぐに日本から電話があり、カードが一日に30万円引き出されたとのこと。これを問いただすと涙を流して謝ってきた、すぐに返済するからと小切手を切って渡してくれ、銀行に持っていくと、一年以上前にクローズしていた口座の小切手だとのこと。バッド・チェックといって、これも立派な犯罪だった。

同じスタッフの里恵(仮名)もオーナーに300万円を貸していて、全く返してくれようとしないと分かった。毎月、電話が止められるから電話代を貸して欲しい。電気が止められるから電気代、追い出されるから家賃を貸して・・・・と彼女への借金が膨らんでいったそうだ。誰もが「どうして、この人はお金がないのだろう?」と不思議だった。

さらに誠二のお客さんにも、約1000万円のローンを組ませ、返済はお客さんに払わせて本人は知らん顔、このお客さんにはカット料金などを無料にしていたので、何かあるのだなと思っていたが、まさかこんな高額なローンを組まされていたとは。

結局は、このバッド・チェックとカードの盗みの二つが誠二の致命傷となり、警察沙汰になった。
スタッフの里恵のお客さんで、弁護士と市議会議員のお客さんがいたので、すぐに相談にのってもらった。さすがは議員さん、次の日には警察が来て、二人の警官が、店の表と裏口から同時に飛び込んできた。営業中にもかかわらず誠二は銃を突きつけられて手が後ろにまわった。

結局、ギャンブル中毒で、あらゆる手段と嘘をついてお金をかき集めてはカジノで全てを使っていたようだ。日本から問い合わせのあった美容師さんからも同じ手口でお金を取っては、知らぬ顔をしてお金を騙し取っていたのだった。

逮捕されてから、持ち家も財産も全て奥さんに譲り、離婚した。これで無一文の人からは損害賠償を請求しても奪い返すことはできなくなってしまったのだ。

「こいつを豚箱に入れるまで、絶対にアメリカから離れない」

第4話) LAでの裁判

アメリカのビザが切れるので、一度日本へ戻った。そしてすぐにアメリカから電話が掛かってきて、「証人としての出廷命令が出てる、ビザが発給されるので、住所を教えて欲しい」とのことだった。損失分のお金は全額戻ってくるとは思ってなかったが、アメリカの法廷に立つことができるなんて、一生に一度あるかないかのチャンス!飛行機代は実費だったが、二つ返事で行くことにした。

電話の後、数週間経って アメリカの警察からレターが届き、それを持って札幌のアメリカ領事館へ行った。丁度ニューヨークの 2001/9/11テロの直後だったので建物の周りには道警のパトカーが非常灯を付けたまま停まり、警察官が門の前に仁王立ちをして厳重な警備体制を取っていた。

領事館の入り口には、飛行機に乗る前に通るセキュリティの装置が置いてあり、手荷物を機械に通し、自分自身もゲートをくぐった。ベルトの金具に機械が反応して止められ、ボディチェックをしてから中に入れてもらえた。

img_2571_320.jpg

    (写真)LA市警から、僕が証人として出廷できるように、特別なビザを発行して欲しいと在日アメリカ大使館 への手紙。


実はこの裁判用のビザが5年間も出た。アメリカは3ヶ月の学生ビザを取るのにも苦労をするのに、警察からの手紙1枚であっさり5年のビザが出るのも凄い!これで労働許可もついていたら別な人生を歩いていただろう、今頃はオージー訛りではなく、アメリカンな英語を話していたに違いない。

僕はこの裁判で被害者として出廷した。アメリカのドラマに出てくるようなシーンの連続で良い経験をさせてもらった。こんな事を言ったら不謹慎だと怒られそうだが、正直言うと「楽しめた」。

自分の番が回ってくるまで、二つの裁判を傍聴できた。英語が分からないのが悔やまれたが、オレンジ色のつなぎの囚人服のようなのを着せられ、後手錠をかけられた体格のデカイ男性三人、絵に描いたような極悪犯顔で「いかにも」だ。ゾロゾロと入ってきて横並びになって裁判が始まった。

証人席では年配の男性が「車を壊されて、殴って、なんとかかんと か~」って身振り手振りで状況説明をしていた。(当時は英語が全く理解できませんでした(涙))

3~4時間傍聴したあと自分達の番になった。弁護士に連れられて入ってきた誠二は、罪状が詐欺だったからなのであろう、手錠はかけられていなかったが留置場にしばらく入っていたのでゲッソリした感じに見えた。相変わらず下から見上げるような目つきで視線は定まらないオドオドした様子だった、まるで子供が悪さをしていて、親にばれてはいないかと顔色をうかがってビクビクしている、まさにそんな感じだ。

誠二に初対面で合った時の第一印象が、堂々と振舞っているようなのだが何かコソコソしてるような感じで目が常に動いている。仕事をしている最中も、鏡越しにいつも人の顔をうかがっていて目が合ったら視線をすぐに逸らし、視線を外した後もしばらくは目が泳いでオドオドしながら仕事をしている。今思えば誠二の心中は、いつ自分犯した罪が見つかりやしないかビクビクしていたのだろう。その反面、中毒となってしまったカジノでのカードゲームが止められない、まさしく中毒患者のような目つきだった。

目の前に置かれた聖書に左手を乗せ、右手は肩のの高さに上げて、証言に嘘はないと宣誓した。映画のワンシーンのようだった。
僕の右横には黒いマントのような服を着た裁判官が少し高い席に座っている、アメリカではお決まりの星条旗が飾られていて、目の前には書記なのだろう、ブロンドのショートヘアーの似合う若い女性がラップトップのキーボードをカタカタと音をならして、皆が話している事を一生懸命に記録している。僕には通訳がついてくれて、なんと日本語を話す韓国人の禿げ上がったおじさんだった。

この通訳の日本語力にビックリした。この日本語力で僕の話すことを正確に伝えてくれるのか?凄く不安だった。自分の発言は、この韓国人にも理解できるように難しい言葉は使わないように、通訳しやすいような語順を選んで証言をしたので、えらく疲れた。裁判の途中に相手の弁護士から「通訳が正しく成されてない」とクレームが入り、この韓国人のおじさんは動揺していた。

その場で判決がでた。結局、誠二は有罪。バッド・チェックを切った分の3,000ドルを速やかに返すこと、あとは社会奉仕をすることが判決。クレジットカードを盗んで引 き出したことについては、証拠不十分で立証できなかったらしい。恐らく裏で司法取引があったのだろう、さすがアメリカだ合理的にできている(笑)

別件である、お客さんが組んだローンの1千万円、里恵さんの300万円は民事不介入の原則?で、泣き寝入りとなった。「借りたもの勝ち」なのかと悔しい思いがしたが、不服だったら民事裁判に法廷を移し続けるしかない。
実は民事裁判でもとっくに訴訟を起こしていて、スタッフの里恵さんの帰ってこない300万円も一緒にして、精神的苦痛も合わせて、約1000万円の訴訟だった。報酬制でお願いしていた弁護士には33%、里恵さんに33%、僕に33%の割合でお金を戻してもらうという配分だ。
しかし、誠二は家も車も財産も奥さん名義にして離婚した。弁護士もお金が取れないと分かってからは音信不通となった。悲しいかな、世の中ってこんなものだろう。

それにしても「同じ美容師として情けない、いや同じ日本人として情けない。」

海外にいる日本人は、みんなが燃えるような情熱を持って日本を飛び出して頑張っている人だと思ったのだが、裏切られた感じだ。
尊敬できるような日本人に出会うのが、とてもとても難しかったのだ。