「ブリスベン美容師ブログ」カテゴリーアーカイブ

縮毛矯正をも傷ませない!進化している弱酸性域のストレートパーマ

この世の縮毛矯正の薬剤は、高アルカリ性で、phが9前後のものを使用しています。

恐らく99%の美容室は、チオ系、もしくはコスメ系の薬剤を使用している。(コスメ系って名前は優しいが、ph値は9に近い)

phがアルカリに傾いていると、髪は膨張します。

アルカリ性の薬剤では

  1. 膨張して、髪の内部を緩ませて、(髪の形をつかさどる)シスチン結合を切ったり繋げたりが容易にできる
  2. 安価で製造できる、仕入れ値が安く済む。
  3. 美容師にとっても使い方が簡単で、健康毛用、カラー毛用、傷んでいる用の3〜4種類の中から選んで使う

というような要素がある。

ただ、最大のデメリットは

  1. 傷む(膨張時にケラチン、コラーゲンなどのタンパク質が流出する)
  2. 髪の毛のコシがなくなり、てろんてろんになる
  3. ダメージ毛、何度もカラーを繰り返している髪、スーパーロングの髪に塗布すると髪がゴワゴワ&チリチリになる可能性がグッと上がる。(薬焼けして焦げたようになる)
  4. ブリーチをしている髪には絶対に使用できない
  5. 髪のダメージレベルは、3〜4種類に分けられるほど簡単ではなく、部位によって無段階にダメージレベルがあり複雑
出典;Google 画像

そこで弱酸性の薬剤(リケラ/ReKERA)を使用

弱酸性の薬剤を使用すると、髪を膨張させないので、タンパク質の流出を最大限に防ぐことができる。

施術側も安心なのです。

リケラ/ReKeraの最大の特徴が、ヘアマゼラン・トリートメントと同じ理論を使い、ケラチンなどのタンパク質を髪内部に結合させて、ぷるんぷるんに髪質を改善させるので、通常のアルカリ性の薬剤と比べて、硬くならない、しなやかな仕上がり、ゴワゴワにならない、子供の頃のような髪質に仕上がるのです。

デメリットもあります。

  1. 薬剤が高価
  2. 使い方が難しい

1,薬剤が高価なので、サロンでは経費削減を考えて導入を諦めるところが多い。料金が高めになるので安い料金設定で営業しているサロンでは、背に腹はかえられないようです。

2,使い方が、薬剤を1cc単位で調合していくので、調合が面倒と思う美容師さんも多いでしょう。

なので、いままで通りの、健康毛用、カラー毛用、傷んでいる髪用のなかから選んで使うという方が簡単かもしれません(ダメージは半端ないですが)

僕の場合、良いものは仕入れ値など考えずに導入していく方針なので、安価で粗悪なものは絶対に使用しません。

そして根っからのオタク体質で、子供の頃から理科の実験大好きな子供だったので(笑)

髪のダメージレベルに合わせて、1cc単位での薬剤調合はメッチャ楽しいのです。なので秤(スケール)も0.01gまで量る事のできるものを使用しています。

1人1人、髪のダメージレベルは異なるし、1人のお客様でも、顔周りの髪は細くてダメージになりやすいし、毛先にいけばいくほどダメージは酷くなります。

そのダメージレベルに合わせて、薬剤を細かく調合できるのは、こだわるオタク体質の美容師にとっては最大のメリットです。(理論が嫌いな美容師にとっては超めんどうらしいですが💦)

結論

【その一】
髪のウネリやクセ毛が気になるけど「傷めたくない」「縮毛矯正は微妙」という方には、リケラ/ReKera ストレートをオススメします。

【その二】
クセ毛ではないけれど、加齢やカラーの繰り返しによるボワッとしたウネリや膨らみは、ヘアマゼラントリートメント

この二つの使い分けで、ダメージレスでしなやかな柔らかい質感の髪を保ちましょう!

僕のお客様で縮毛矯正を受けていたお客様は、ほぼ100%このReKERAストレートに変更し、満足を頂いております!

アメブロ
横浜元町 【横浜周辺の方はこちらをクリック!】
横浜元町、港の見える丘公園に上がっていく路の麓にサロンがあります。代官山よりも料金がリーズナブルに設定しています👍
東京代官山 【東京周辺の方はこちらをクリック】
東京代官山にある美容室で働いています!一軒家を改造したサロンで広々とした空間です
新規のお客様に割引あり!最大20%OFF
札幌市北区 【札幌周辺の方はこちらをクリック!】
あと五名様で新規のお客様の受付を終了します。常連のお客様とそのご紹介の方、もしくは本当に髪に困っている方だけにご利用頂いています。新規のお客様20%OFF!
⭐️SNSフォロー大歓迎⭐️
アイコンをタップして下さい😊
←無料オンラインサロン【フリーランス&ノマド塾】
←フリーランス&ノマド生活
←ノマド美容師
←ノマド的ブリスベン美容師

なぜ「ステップボーンカット」が最悪と言われるのか?

別に悪口でもなく、ディスってるわけじゃなく、妬みでも僻みでもなく、困っている方が増えてきているので記事にしました。

美容師側が勝手に信じるのは良いのだけど…、実際にステップボーンカットに一万円も払って、色々と物を買わされ、手入れができない髪型になり泣いている方も実在するのは、きちんと向き合った方が良いのではと思ったわけです。

人間の髪は、1000人1000色、全て違う。

しかし、

モデルウィッグ(人形)の頭は、どれを選んでも、同じ頭の形、毛流、毛質、などは同じ。同じようにカットすれば、仕上がりも同じになる。

お客さんが、全てモデルウィッグであれば、ステップボーンカットの理屈は分からないでもない。

しかし、人間の場合は違う、あのようなカットをしては、手入れが全くできなくて泣くお客さんは一定数出てくると思う。

カットをする前に、クセの度合い、毛穴の向き、渦巻きの位置は絶対に把握しないと行けない。

頭蓋骨の形や凸凹ももちろん把握しないとダメだが。

ステップボーンの何が欠点かというと、クセ毛の度合い、毛穴の向きと渦巻きの位置を全く無視して、

内側にボコボコと穴を空けていくのがダメなとこだと思う。

肩を超えているロングにもかかわらず、内側に10cmも満たないような短い毛束が、あちこちから出てくる。

このような短い毛束が、頭の中のあちこちから出てくる。

クセ毛は短くすれば、一気にクセが強くでるし、浮き立つ。

しかも渦巻きに近く、真横に毛穴が向いて生えている箇所に、短い穴を空ければ、それはもはや素人では手に負えない仕上がりになる。

そして、穴をあけた短い10cm以下の毛束の髪の上に、30cmもある髪が覆い被さってくれば、それはスイングではなくただのハネでしかない。もう素人では、こんな後頭部のハネは直すことはできない。

三角形の箇所が異常に短くスカスカ。この上に上から長い髪を乗せるのでハネになる。下の赤のラインまでトップの長さがある

去年の2019年から、このように穴ぼこに穴が空いた不揃いのステップボーンカットで酷い目にあって、困ったというお客さんが増えてきた。

とうとう、札幌でもそのようなお客さんが助けを求めてきたので、いい加減なんとかしないとって思うのですが。。。

きっと、直毛で、サラサラの髪で、まとまりの良い髪質だったらステップボーンでも何でも効果があるのかもしれないけれど、

ある程度のクセ毛で、毛流が横向いて生えている髪には、本当に迷惑なカット技法ではないかと思う。

特許を取ったというので、特許文章を読みたいと思って、特許庁のHPで検索したが出てこなかった。

きっと探し方が間違っていたのかもしれない。だれか特許文章を読む方法を教えて欲しい。

ステップボーンカットをされて、お困りの方。直すのには1年とか時間がかかりますが、ご相談に乗ります。

札幌はこちら

代官山はこちら

横浜中区はこちら

酸熱トリートメントをやればやるほど髪がギシギシになる理由

最近は酸熱トリートメントをメニューに置いている美容室も増えてきました。

酸熱トリートメントのデメリットや失敗が、色々な美容師さんから報告されるようになってもきています。

っていうか、成分を調べれば、その失敗は回避できたよね?って思います。

今回は

「酸熱トリートメントをやればやるほど髪が良くなる」と言われて…

結果、

縮毛矯正をかけたように、髪が硬くなりギシギシになってしまった」

という問題点についてお話したいと思います。

酸熱トリートメントやサイエンスアクアでは、弱いクセ毛であれば真っ直ぐになると宣伝しています。

もう、それを聞いた時点で、トリートメントだけで髪の形(構造)が変わるのは、還元剤が入っているからだよって分かるのですが…

美容師さんは断固として「還元剤は入っていない!」と譲らないわけです(笑)

還元剤が入っていなければ、髪の形が変わるわけありません。

酸熱トリートメントの成分表をみると、ほとんどがグリオキシル酸が入っています。

って言うことは、還元剤が入っています。

これは別記事で書いていますので、今回は省略します。


https://yasu.com.au/archives/1863

美容師だけじゃなくても、同じ箇所に何度も縮毛矯正の薬剤を塗布すれば、髪はボロボロ、テロテロになるのは想像できると思います。

だから、縮毛矯正のリタッチは根元のクセ毛が伸びてきた部分にしか薬剤を塗布しないのです。

それをトリートメントのように、還元剤(パーマ液成分)が入っている酸熱トリートメントを毎回毎回毛先から根元まで塗布していけば、髪は傷んでいくに決まっています。

ヘアマゼランが最高の結果を出している

僕が行っている髪質改善トリートメントは、ヘアマゼラントリートメントと言って、もちろん還元剤は入っていないのは確認済みですし、

全ての作業工程で、髪をアルカリに傾けないので、髪が膨張しないのでタンパク質の流出を防いでいます。

うちの母親に実験をして2ヶ月以上も効果が持続していました。

ブリスベン 【ブリスベン周辺の方はこちらをクリック!】
年に5回、オーストラリア、ブリスベンへ出張しています。カラー剤、トリートメント剤、シャンプー、縮毛矯正剤とアイロンも東京恵比寿から持ち運んで使用。
東京恵比寿のクオリティーをそのまま体験できます!
東京代官山 【東京周辺の方はこちらをクリック】
東京代官山にある美容室で働いています!
新規のお客様に割引あり!最大20%OFF
札幌市北区 【札幌周辺の方はこちらをクリック!】
2019年より新規のお客様を受け付け開始!本当に髪に困っている方だけにご利用頂いています。
新規のお客様20%OFF!2ヶ月毎に札幌戻ってきます。

縮毛矯正の失敗とは何か?

世間では「縮毛矯正は傷む」というイメージが定着しつつある。

そりゃ髪の構造を変えてしまうのだから、必ずダメージはつきものである。

僕は、20年以上も縮毛矯正を探求しながら仕事をしているが、当初にくらべて、当時では考えられないくらいダメージレスな薬剤と技法がある。

それを、何も勉強もしていない美容師が、20年前のやり方を先輩から継承して施術しているから、

だから「縮毛矯正は傷む」というイメージが、一般のお客さんに定着するのであろう。

他店で失敗されたお客さんを、もう100人以上は見てきたが…

1番多いのは、薬剤塗布の仕方が間違い。

お客さんの髪のダメージレベルを、根元、中間、毛先とみる。そしてクセの強い部位を把握してから、薬剤を調合し、塗布する順序を決める

次にアイロンを当てる時の水分量が間違い。

カラカラに乾かしすぎてからアイロンを当てても駄目だし、ジュージューと沸騰させながらアイロンを当てても駄目。エアコンが効いていると、髪が乾燥してしまうので、水分量は大事。

薬剤の選択が間違い。新薬をとことん勉強するべき。

そもそも仕入れている薬剤が医薬部外品のチオグリコール酸だったり、高アルカリのシステアミンだったりを使用するので、髪が膨張して、タンパク質が流出して、S-S結合も破壊してしまうので、髪に腰がなくテラテラなスダレみたいな直毛に仕上がっている。

これらこ事柄を一気に説明すると、かなりの文章量になるので、続きはまた後日。

髪質改善を超えた!ヘアマゼラン次世代トリートメントが驚くほど良い!

もはや、すっかり髪質改善トリートメントを超越しましたね。

髪質改善や酸熱トリートメントの成分にどうしても納得がいかず、髪質改善をやってからキシキシ傷んだとか、毛先がビビり毛になったとかトラブルになったお客様が流れて来ていたのと、

美髪チャージでは、グリオキシル酸はもちろんのこと、髪を強アルカリ(ph11)に上げておいて、強酸(ph2)に落とすという理論も疑問視していたところ。

美髪チャージのph11という強アルカリでは、髪が膨張してタンパク質流出につながり、逆にダメージになるのではと思っていました。

グリオキシル酸については、海外の特許文献も交えて、こちらに書いています。

あの高級シャンプーToi Toi Toiでお馴染みの、リトルサイエンティスト社から発表されたヘアマゼランという「分子熟成型トリートメント」

次世代のトリートメントが気になり、リサーチしました。

成分的にも髪には負担をかけず、グリオキシル酸という強い成分は使用せず、全く新しい成分でしかも安全。

ヘアマゼラン

髪質改善とは全く別な理論と技法での施術なので、パーマをかけようが、カラーをしようが、更なるダメージにはならないので自由!

髪を膨張させることのない、ph6.5で人間の肌に近い弱酸性の薬剤。ゴム手をしなくても素手でできるのが嬉しい!

髪の内部にて、髪の中のタンパク質繊維質と、マゼランのケラチンやタンパク質を「内部から」結合させて定着させるという、全く新しいコンセプト!

実は、導入するには、研修を受けて認定書をもらわないと施術できません。

早速、2019年10月に受講し(はやっ)

11月の4週間のうちに、8人のお客様の髪をヘアマゼランさせて頂きました。

どのお客様も、今までのトリートメントと全然違うと感動して頂きました。

メーカーが発表しているように、施術してから1週間後が1番状態が良いようです。(お客様から感想を頂きました)

さすがは、熟成型トリートメントというだけの事はあります。

まずは、母親の髪でやってみました

1ヶ月が経過してもまだサラサラが続いています。

さすがに毛先は取れてきていますが💦

今までにない新しいタイプのトリートメントは間違いないです!

料金は

15,400円(税込み)カットシャンプーブローは別途

半額の7,700円にてお試し頂きたく思います😊
所要時間は、45分前後です。

カット無しの場合、シャンプーブロー込みで
9,900円でお試し価格です😊
所要時間は、60〜70分です。

カット+ヘアマゼラン
定価23,100円
↓ ↓
15,400円(税込み)
所要時間は 2時間強です。

できるだけ多くの女性に感動して頂きたく、この料金にしました😊

東京の方はこちらから
http://ebisu.yasu.com.au/

札幌の方はこちらから
http://tanaka.yasu.com.au/

髪質改善で失敗する理由

僕のブログを読んで来店されるお客様が多くなってきました。

有り難いことなのですが、その反面、悲しいことも。

それは、他店で髪質改善を行って失敗された方が来店されるから。

お客様の笑顔を作る商売の美容師が、髪で悲しんでる顔を見るのは辛いし、同業者の勉強不足によって失敗された髪を見るのも辛いです。

失敗されたお客様は、こんな感じ

Aさんのケース

やればやるほど髪の状態は良くなると言われ、毎月2万円以上も払って髪質改善トリートメントを1年続けたら…

髪は良くなるどころか、ボロボロでバサバサに広がり手に負えなくて、トリートメントを始めた前よりも間違い無く髪は傷んでしまった

これと同じケースは、Yahoo知恵袋などの質問サイトで「髪質改善」と検索かけると、同じ悩みの人が相談しています。

3年くらい前には、ケラチントリートメントという名前で売っていましたが、いつの間にか髪質改善トリートメントという名前に変わって売りにでています。

どうして、やればやるほど傷んだのか?

それは、その主成分が原因です。

ケラチントリートメント、髪質改善トリートメントで売っている薬剤の主成分は、グリオキシル酸という還元剤が入っているのです。

還元剤フリーとメーカーは歌っているのですが、グリオキシル酸についての特許の論文を読んでみると、還元剤、髪をストレートにするための薬剤と技法についてが書かれています。

こちらの文献はグリオキシル酸という還元剤を使用して無電解銅メッキを析出する事柄について載っています。
http://esl.ecsdl.org/content/3/6/279.full.pdf
https://www.sciencedirect.com/topics/engineering/glyoxylic-acid

こちらでは、グリオキシル酸を使用して、髪の中のケラチンの繊維の形を変えるという内容の論文です。
https://patents.google.com/patent/WO2015086230A1/en

これだけの強い還元剤を、本気で還元剤フリーと信じて、何度も同じ髪に塗布して時間を置き、200度近い温度のアイロンでキューティクルを癒着させれば、そりゃ傷むのは当然ですね。

僕が髪質改善を行う場合は、絶対にグリオキシル酸の入っていないものを使います。

別にグリオキシル酸が入っていてもいいのですが、難しいのは2度目、3度目ですね。同じ箇所に何度も塗布すると、過還元を起こして、下手すれば毛先はビビり毛になりますから。

それだったら、最初からグリオキシル酸の入っていない安全で最も効果のあるものを使います。

業界のサイエンス雑誌に、次世代のトリートメント、分子熟成型トリートメントが紹介されていました。

早速、成分を調べ、ph値も調べて、納得のいくモノだったので、講習を受けて認定をうけました。

興味のある方は、是非ともご相談ください!

グリオキシル酸が還元剤である、これだけの理由。

酸熱トリートメントやら

サイエンス・ア●アとか

髪質改善トリートメントが流行っています。

僕は全く否定する気はないので、最初に断っておきます。ただ薬剤の正しい知識がないと、お客さんの髪にダメージを与え、取り返しのつかない事になるのを防ぎたいという思いで記事を書いています。

グリオキシル酸は「メッキを剥がす際の還元剤です」と謳っています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AB%E9%85%B8

Wikiを信用していない方のために、特許文献を検索してみました。

検索キーワードは
glyoxylic acid is Reduced agent
(グリオキシル酸は還元剤)

です。

色々見ると、はっきりとグリオキシル酸は還元剤と明記されていますね。

それでは、何故、講師やメーカーは
「グリオキシル酸は還元剤ではない!」と正反対の事を言うのか???

信者みたいな人は、頑として「グリオキシル酸は還元剤じゃ無い!還元しない!還元剤フリーだ!」と攻撃してくる美容師もいるから手に負えない💦

それも、リサーチしてみた。

こちらの、特許の文献を読んで欲しい。

Method for straightening the hair using a composition containing glyoxylic acid and/or a derivative thereof
(グリオキシル酸および/またはその誘導体を含む組成物を使用して髪を真っ直ぐにする方法)

https://patents.google.com/patent/US20150305469

問題は、この文献の0016かなと思います。
「この発明による還元剤とは、髪のジスフィルド結合を還元できる薬剤を意味する」と定義つけています。

[0016]
According to the present invention, the term “reducing agent” is intended to mean an agent that is capable of reducing the disulfide bonds of the hair, such as compounds chosen from thiols, alkaline sulfites, hydrides and phosphines.

と言う事は、グリオキシル酸のようにジスフィルド結合以外を還元している「還元剤」は、この特許の文献の中では、還元剤ではないという独自の解釈になっているのです。

まとめ

このことから、「グリオキシル酸が還元剤フリー」という独自の定義で、還元剤ではないと言っているだけで、例え他のジスフィルド結合以外の結合は還元していても、「グリオキシル酸はジスフィルド結合だけは還元していない」という理由で頑として「還元剤フリー」と言って譲らない。

ここがメーカーや講師が還元剤フリーと言い続ける理由かと思います。

冒頭にも示しましたが、僕はグリオキシル酸を否定しているのではありません。

髪に塗布して、ダメージが起こっている。

この特許の文献の中では「縮毛矯正のための薬剤」という定義の中で説明しています。

同じ箇所(特にダメージ部分)に、何度も何度も施術すれば、ダメージになっているという認識が必要です。

だから、髪質改善トリートメントを数回した髪に、コールドパーマをかけるとジリジリの髪になる。辻褄が合いますね。

髪質改善トリートメントの後に、部分矯正なんてしたら、ジリジリのビビりになるので、絶対にやっては駄目です。

嘘だと思う人は、ウィッグに酸熱トリートメント(サイエンス・あ●あを含む)を3回くらいかけてみてください。その後にコールドパーマをかければ一発で理解して頂けると思います。

もし反対意見、例えば「酸熱トリートメントは絶対に100%還元していない、全ての髪の内部の結合に対して絶対に還元はしていない!」という「酸熱トリートメント(グリオキシル酸)最強説」を唱える人がいれば、論文や特許文献などと一緒に反論して頂ければと思います。

TVCM

東京では4〜5人のプロのモデルさんの髪を担当させて頂いております。

最近、「Yasuさんヘアースタイルで仕事ゲットできました」と

嬉しいお知らせ😊

両方のCMに出ているモデルさんなので分かるかと🎵

 

そして、こちらも

 

こうやって自分の仕事が世に出るのは、とても嬉しいです😊

 

ノマドにプリントアウトせと言われてもw

あと1週間後には東京へ向かってます

国際線の飛行機チケットがICカード対応になっていなく

メール(e-ticket)を印刷しなくてはなりません💦

僕、プリンター持ってないんですがwww

図書館でプリントアウトしてきました

行きつけのQLD State library 📚

ここで静かな場所見つけました✌️

今度から、ここを自分の移動オフィスにしよー😊