Yasu のすべての投稿

日本で14年間、理と美の両方の技術を取得し老若男女問わず、どんなスタイルにでも適応できるよう技術を磨いてきました。 「海外に住んでいる日本人は、髪の毛を切りたくても、上手な日本人美容師が少なくて困っている人が多い」と聞き、2002年にブリスベンに渡ってきました。 当時は英語も話せず、語学学校ではABCの歌からスタート。朝4時に起きて、泣きながら英語の勉強をしていました。IELTSの試験は何回受けたか分かりません。 お陰で、オーストラリア人8人の中に日本人が1人という環境で働くまでになり、2011年にドイツで仕事をしていた時も、英語の家庭教師をし、2013年から日本にて、中学3年(受験)生を相手に英語の家庭教師をするまでになりました。 海外で出会った日本人美容師は、日本の新しい流行や技術を全く勉強していない人が多く見受けられ、自分はそんな美容師にはなりたくないと、オーストラリア時代から、日本の流行にいつもアンテナを張りめぐらせながら、オーストラリアでも美容師のライセンスを取り、国籍問わず最新の日本の技術を提供しております。 2013年より、表参道→銀座→恵比寿の美容室で働き、最新の日本の技術と薬剤を学ぶ。 2016年より、ブリスベン⇔東京⇔札幌を回って仕事するスタイルでスタート、現在に至る。

縮毛矯正の失敗とは何か?

世間では「縮毛矯正は傷む」というイメージが定着しつつある。

そりゃ髪の構造を変えてしまうのだから、必ずダメージはつきものである。

僕は、20年以上も縮毛矯正を探求しながら仕事をしているが、当初にくらべて、当時では考えられないくらいダメージレスな薬剤と技法がある。

それを、何も勉強もしていない美容師が、20年前のやり方を先輩から継承して施術しているから、

だから「縮毛矯正は傷む」というイメージが、一般のお客さんに定着するのであろう。

他店で失敗されたお客さんを、もう100人以上は見てきたが…

1番多いのは、薬剤塗布の仕方が間違い。

お客さんの髪のダメージレベルを、根元、中間、毛先とみる。そしてクセの強い部位を把握してから、薬剤を調合し、塗布する順序を決める

次にアイロンを当てる時の水分量が間違い。

カラカラに乾かしすぎてからアイロンを当てても駄目だし、ジュージューと沸騰させながらアイロンを当てても駄目。エアコンが効いていると、髪が乾燥してしまうので、水分量は大事。

薬剤の選択が間違い。新薬をとことん勉強するべき。

そもそも仕入れている薬剤が医薬部外品のチオグリコール酸だったり、高アルカリのシステアミンだったりを使用するので、髪が膨張して、タンパク質が流出して、S-S結合も破壊してしまうので、髪に腰がなくテラテラなスダレみたいな直毛に仕上がっている。

これらこ事柄を一気に説明すると、かなりの文章量になるので、続きはまた後日。

似あわせ。

カットって、簡単だよって人がいます。

そりゃ、何も考えずに決まった長さを切るだけなら簡単だよ〜(笑)

でも、似合わせるって意識をして仕事をしていると、考えることはたくさん!

 

背丈、肩幅、首の長さ、顔の輪郭、骨格。

それを踏まえて、お客さんが希望するスタイルを、個々に合うようにアレンジしていく。

どんなピアスをしていて、アイシャドーは何色で、ファッションはどっちの系統なのか、お仕事はライフスタイルだってヘアースタイルを考える上で重要な要素です。

スタイルが決まったら、僕の頭の中

は3Dの展開図でカットラインが浮かび上がってきます。

どれだけ切り落とすかじゃなく、どれだけの長さを残すのか。。。

毛の生え方の流れ、頭の形(ゆがみ)、毛質、ダメージ度なども計算に入れます。

そうやって、手入れがしやすく、個々に似合ったスタイルを作っていくんです。

既成品を売る仕事はしていません。個々に合ったオーダーメイドのヘアカットを心がけています。

削ぎの法則

日本のカットは2000年頃に、MINXの高橋氏が発表した「削ぎの法則」で大きく変化したと思ってます。

海外でヘアカットをした経験のある人だったら分かると思うのですが、ロンドンでもパリでも現地の美容師さんは削ぐとか梳くとかしませんね。切るったらパツンと切るだけでおわり(笑)

柔らかい西洋人の髪は、パツンと切っただけで柔らかい動きがでるので、削がなくてもいいですし、海外の美容学校でも毛先1/3までしか削いではいけないって教わります。

しかし、髪が硬くて太い私達の髪質では、パツン切りではお菊人形のようになってしまいます(汗; そこで、根元から何パーセント削ぐのか、中間は?毛先は?頭の形や生えグセを計算して場所場所で、そのパーセンテージを変えて削がなくてはいけません。

ちょっとショックだったのですが、意外にこの重要な「削ぎの法則」を知らない日本の美容師さんが多すぎのような気がします。。。

ソギ過ぎて大切なカットのラインを壊している人。毛先しか削がないから動きがでなかったり、ニュアンス優先&格好優先でレーザーカットをしてカミソリでキューティクルをガリガリ剥ぎ落とし、カットしても持ちが悪く、毛先がバサバサ落ち着かないのは、削ぎの法則の勉強不足が原因だと思われます。

きれいなカットラインを切れるようになったら、次は削ぎの法則をみっちり勉強しましょう。お客さんは自宅でも手入れのしやすいスタイルを持続することができますよ!

英語を覚える。

よく質問されるのが、「スピード〇ーニング」って本当に聞くだけで英語覚えられるの?です。

答えは、そんなわけないです(笑)

日本語と英語と交互に音声が流れてきて、聞くだけで喋れるようになるなんて…。ちょっと想像してみてください、もし日本語とアラビア語が交互に流れてきて、喋れるようになると思いますか?(笑) 日本語と中国語でも厳しいと思います。

恐らく、英検で2級以上とかTOIECで700点以上などの実力のある人が聞けば、上達するかもしれませんが。ほぼ初心者の人が、分からない単語を100回聞いても分からないものは分からないです。

海外で10年生活している人でも、喋れない人なんてたくさんいます。海外で生活していれば自動的に喋れるようになんて、有り得ません。

それじゃ、どうするか。。。

一つ一つ、単語の意味を辞書で調べて、その単語の使い方を例文を使って音読して、実際に外国人に使ってみて、通じて、そして初めて自分のフレーズになります。

その努力を無しに、喋れるようにはならないので、「聞くだけで…」とか「眠っている間に…」とかは有り得ません(笑)

僕も英語力ゼロで海外に出て、全ての日本語をストップして英語の勉強を朝5時に起きて勉強しました。

その結果、大学入学できるレベルまで達して、ネイティブの中で一人だけ留学生という環境で専門学校を卒業しました。お蔭さまで、8人のスタッフのサロンで僕だけが外国人という環境で4年近くも仕事できたし、最後の1年間にはスタッフをまとめる責任者もやっておりました。自分でサロンをオープンした時も、会計士や弁護士とミーティングをするまでの英語力に達してました。

スキル取得って、一番の近道はコツコツやるしかないんですね。

今では、美容師傍ら、英語を使ったお仕事もさせてもらってます。そして英語の苦手な生徒さんにも英語を教えています。もちろん美容師さんにも美容師英語を教えています。

 

ヘアカラーのこだわり。

実験中。

世界で名のあるカラーリストって、必ず自分のだけのカラーチャートを作って、そのチューブの色素配合量などを体で覚えると聞きました。自分も10年も前から、できるだけ実験をしながら色の出具合を自分の目で確かめるようにしてます。

月に一度、出張している東京表参道のお店で使ってるカラー材の方が良さげなので、札幌で使う材料は順次表参道のお店に合わせています。

メーカーが変わると、同じ番手でも微妙に色素の含合量が違うし、メーカーが出しているカラーチャートも当てにならないこと多々ありなので、地道に実験してます。

お客さんが、明るいアッシュを求めた場合、正直に「明るいアッシュ」のカラー剤を塗布しても、お客様が希望するアッシュにはなりません。

黄色みが強い髪質、赤みの強い髪質、それぞれ個人差があるので、色の出方が変わってきます。

黄色の強い髪質には、黄色を消すためのムラサキを少し混ぜます。
赤みの強い髪質には、赤色を消すためのグリーン(マット)を少し混ぜます。
色を打ち消すのを「補色」というのですが、こういうカラーの三原色の理論を頭に入れてヘアカラーをしないと思った色になりません。

そのカラーの調合というのは、しっかりした理論、そして経験と感覚も大切な要素です。

よければ「イイネ」をポチっとね♪

何しとん?

週に3日の出勤で、他は何をしてるの?って聞かれるのですが(笑)

日曜日~水曜日は、会社勤めしてます(笑) 週に7日間仕事してるので、休日は無いのですが。。。
某会社の海外事業部にて、翻訳作業、外国からの英語の電話対応、電話通訳も時にはあり、ウェブサイトの翻訳作業が主な仕事です。

時には、海外の雑誌に掲載する広告ページをグラフィックのソフトで制作したり、掲載料の交渉を英語でしたり。

カメラを持って動物園や富良野など、ウェブサイトの素材を撮りに行くことも。

朝早く、大型バスのガイド席に座って、何か所かのホテルを回って、泊り客の外国人を迎えに行って案内したりすることも多々。その時は朝の6時前に起きて出勤したりして、お客さんからは英語で色々と質問されます。

そして夜は受験生のお宅にお邪魔して、英語の家庭教師をしています。空いた時間で問題を作ったり、自ら高校入試問題を解いて、どうやったら点数が上がるかヒントを探したりしています。

火曜日は美容師向けの講習会や勉強会がありますので、その時は会社はお休み頂いて勉強しに行ってます。本業は美容師なので(笑)

有りがたい事に、サロンのお客さんが増えてきたので、2014年より週に4日の受付にしようと思います。講習会のある日以外になりますが、火曜日の朝10時~18時までで、お子さんのいる主婦の方、火曜日休みのサービス業の方向けにと思っています。

スタイルを押し付ける

時々、よく耳にするのが、お客さんの要望を全く無視して美容師側のスタイルを押し付けて、なりたくもない髪型にしつつお金をもらってる美容師さん。

レストランに例えたら、メインは魚を食べたいって言うお客さんに、無理やりウンチク並べて肉を食べさすようなシェフ。

結局、まだ経験年数が少なくて、レパートリーが少なく、お客さんの要望の髪型ができない美容師さんが多いってことですね。

あとは、どこへ行っても注文と全く違う髪型になるから諦めてた…。というお客さん。
それも、美容師側の経験が少なくて、レパートリーが少なく、それしか創れない美容師さんが多いってことですね。

クライアントがどんな写真を持ってきても、その写真から一瞬にして3Dの展開図を頭のなかで広げて、それからそのお客さんの骨格、肩幅と背の高さとのバランスを計算し、眼と鼻と口の位置や頬骨の高さなどのバランスを計算し、似合わせるためのアレンジを考えます。そして頭の歪みや毛流、渦巻きの位置や左右の毛量のバランスを計算します。あとは普段の手入れ方法をどうされているのか聞いて、できるだけ手入れが簡単な削ぎ具合を計算します。

お客さんの理想の髪型を叶えてもらうために、たくさんの計算とセンスが必要です。

まだ経験が浅くてカットに自信の無い美容師さん。スタイリストになってしまったけど困っちゃいますよね。是非、たくさんのスタイルの本を見て、街でたくさんの髪型を見て、そして自分の頭の中で3Dに展開図を描けるようにして下さい。ワンレン・グラデーション・レイヤー・スクエアーの4つの組み合わせで、どんな髪型でも創れるようになります。メンズを極めたい美容師さんは、是非とも理容の技術の固定刈り、連続刈り、すくい刈りを練習して下さい。メンズは頭の歪みと渦の流れを計算しないと、バランスの悪いカットになってしまいますから。

そうすれば、押し付けなくても、誤魔化さなくても、お客さんの願いを叶える事ができるようになります。

よければ「イイネ」をポチっとね♪
   ↓

パーマが、とれる。

パーマで、とても大切なプロセスの一つに「中間水洗」というのがあります。

日本では当然やってると思っていたのですが、札幌ではまだまだやってるお店は少なく、表参道でも一部の勉強熱心なお店しかやっていない事に驚きました。

パーマをかけたことのある人ならお分かりかと思いますが、

パーマを巻いた後に薬剤を塗布しますね。

昔は以下のようでした。
1液(温める場合もあり)キャップを被せます。

中間リンス(スプレーでシュッシュッと)

2液を7分(キャップは外して空気にさらします)
2液を再度7分

ロッドを外します。

毛髪科学をキチンと勉強すると、これが駄目なのが分かります。
髪に負担をかけてしまい、危険ですし、薬剤が正しく作用してくれませんから、持ちが悪く直ぐに取れてしまいます。

残念な事に、殆んどの美容室が、この昔ながらの方法でパーマをかけています。

正しくは
1液(温める場合もあり)キャップを被せます

お湯で1液を全て綺麗に流します。

【理由は】
1,健康な髪は弱酸性ですが、1液はアルカリ剤です。酸性リンスをスプレーでシュッシュッとかけたぐらいでは、酸性に傾きませんし、2液は酸性ですが、アルカリ剤が残っている髪に2液の酸性をかけたところで、効力が弱まってしまいます。きちんとお湯でアルカリ剤を流してから、次の酸性リンス→2液をかけて、正しい効果が発揮されます。

2,アルカリ剤(パーマ液、カラー剤)が髪を痛める原因です。1液のアルカリ剤を髪の毛に残したまま、2液をかけるということは、1液の髪の内部にダメージの原因を残したまま閉じ込めてしまうということです。中間リンスをかけただけで、アルカリ剤の存在自体が消滅するわけではありません。きちんとお湯でアルカリ剤を流して、ダメージの原因となる物質を流してあげてから、2液を塗布してあげることによって、ただしいかかりとダメージレスのパーマに繋がります。

※オーストラリアの美容学校で毛髪科学を勉強しました。日本の専門学校では教わらなかった事も勉強し、その時にパーマの中間水洗について習いました。「どうして日本のパーマ液は中間水洗しなくていいのだろう」そう疑問に思った僕は、日本のパーマ液のメーカーに問い合わせをして、行き着いたところが日本パーマ液工業協会というところでした。

そこでは、「日本でもパーマ液は中間水洗をしているというを前提に、パーマ液は製造されていますから、日本でも海外でも中間水洗はしなくてはいけないのです」と。。。

でも、「どうして日本の美容室で、正しくパーマ液を使用しているお店は無いのですか?」と聞いた所、「やはり先輩から口頭で教わるだけで、毛髪科学として勉強しているお店が少ないからでしょう。ロッドを付けたまま水洗するというのは、お客さんに負担をかけるから宜しくないなどの理由が推測されます」

ダメージに繋がったり、直ぐにとれたりした方が、もっと駄目じゃないですか。

もっと毛髪科学を勉強すると、パーマを巻くときに必要な処理剤の成分、中間水洗の時に必要なタンパク質、後処理に必要な収斂作用のある処理剤、そのような作業工程が必須になってくるとわかるのです。

きちんとパーマをかけると、指ざわりが自然で、パーマをかける前よりも髪質が良くなったようにさえ感じるのです。