「ブリスベン美容師ブログ」カテゴリーアーカイブ

安売りは業界を滅ぼす

職業は理美容師と言うと、よく言われるのが…
「カットって仕入れが無いから、まるまる利益だから儲かるよね〜」とか
酷い時には、
「原価がかかってないのに、なんでカット料金に6000円(銀座は1万円)も取るの?」
なんて、時々聞く。

母も美容師なのだが、僕が子供の頃に、義理の姉妹(僕からすれば叔母)がパーマをかけに来て、母にお金も払わないで帰っていく姿に、それが当たり前なのか…と。パーマ液代の原価が当時数百円だから良いのか?と。

僕が専門学校の授業で、始めて人形の頭相手にパーマを全頭巻いた時に、6時間もかかり。こんなに難しい仕事だから、パーマの料金は高いんだ…って一人で納得していた。

カットの料金は、それぞれサロンや技術者によって違う。その理由は、経験値、勉強に費やす時間、どうしたらお客さんがより良く手入れが楽にキレイな髪になってもらえるかと真剣に考える時間。下積み時代なんて手取り数万円で修行してきた。せめて技術者になってからは陽の目を見ても良いのではと思う。

技術料は、その技術者が今までに技術習得の勉強に費やした「時間」という原価に対して支払われると思う、さらに設備投資費や電気代、固定経費の家賃と給料など。

例えば30年も美容師をやっている人が、過去20年もの間、まったく勉強もせず向上心もなく、ただ来たお客さんをカットし続けてきたのなら、カット1000円でも2000円でもどうでも良い。しかし、自分の仕事に誇りを持ち、何十年美容師をやっていても新しい技術や流行を勉強してお金と時間を常に投資し続けている美容師へは、きちんとした対価を支払わないと、業界が駄目になるし、良い技術が市場に出てこないとお客様にも不利益になるのではないかと思う。

技術者も、自分の歴史の「時間」に対して、堂々とカット1万円ですって言えるような業界になり、人々も技術者の努力に敬意を払って支払えるような構図になって欲しいなと思う。それにはあと何十年もかかるかもしれない。いや、そんな時代は来ないのかもしれない。

調理師も美容師も、下積みが厳しいのに見合った料金が取れない業界ってデザイナーもそうだし、たくさんあるのだろうと思う。

この記事を読んで考えされされました。↓

どうしてプロに無償で仕事依頼をしちゃ駄目なのか

似合わせ、似合わせ っていうけど何?

昨夜、アシスタントの練習を見て欲しいって事で監督してました。image

トレーニングモデルさんの要望は、「後ろは揃えるくらいで顔まわりは少し切って軽く」でした。

それじゃ、「顔にかかる部分で1番短い箇所は、どうして顎より少し上で切っているのか説明できるか?」

「なんとなく〜」ではダメである。全然ダメ(笑)

正面から見たときに、一番長い箇所の「バックサイドの毛先のポイント」と「顔まわりの1番短い箇所の毛先のポイント」とのグラの縦幅を1とした時、分け目の生え際までの距離が丁度2倍で「1:2」になり似合うから…とか。

前髪がある場合なら、眉間と顎の距離を1として、この長さで切れば1.5の比率になるからだとか。

横から見て、猫背っぽいなと思ったら、前上がりの角度を変えて、後ろにウエイトを置くだとか。

背が高く細く見えるように、後ろから見た時のカットラインは平行に切らないとか。

そのお客様が「似合う」カットというのは一種の数学だと思う。

そして「かわいい」という謎めいた感性(笑)を磨くために、いつもファッション雑誌をみていること。

お客様がいう「重め」って、どういう意味の重めなのかって雑誌から来ているから。

センスは天性のものじゃなく、努力して身につくものだから。

なんて事を教えたのですが、僕が常日頃考えて実践していることです。

 

良いものは良いと褒めよう。

オーストラリア人スタッフの中で僕だけ日本人美容師という環境で4年弱働いていた時の話です。

柔らかい感じのボブスタイルを終えて、お客さん(日本人)がレジでお会計をしていた時の事。。。

ボス(当時50才男性美容師オーナー)が、そのお客さんに近づいて、とても丁寧な英語で…

「大変失礼ではあるのですが、あなたの髪にクシを入れさせてもらって良いでしょうか。アジア人の髪質で、どのようなカットラインで切れば、このように美しく仕上がるのか見たいのです。」

丁寧にクシを入れて、カットラインをチェックして…

「大変、勉強になりました。有り難うございます。」

日本社会では有り得ないことです。自分より経験の浅い、しかも自分の部下の仕事を、お客さんの前で褒めるということは、自分の敗北?を認める事になるし、上司の権力が弱まってしまうと考えるか、もしくはイイと思っても粗を探して褒めない。

西洋の社会は、良いものは良いと認めて褒め称える。

イチロー選手も、超有名なスーパースターが練習方法を教えて欲しいと頭を下げて訪ねに来たとか。

自分のカット技術なんて特別凄いものでもないのですが、カットを褒めてもらうのが1番嬉しいです。

こんな話を、先日、お客さんとカットをしながらお話ししていました。

渋谷よしもと∞ホール

ブリスベン時代の教え子?が芸人目指しててライブやるというので、こりゃ1度行かなくては!って事で、渋谷よしもと∞ホールに行って来ました(笑)

2015-02-11 22.30.10

当時(8年前)カメラ片手に一生懸命お手伝いしてくれてたのを思い出し、今度は僕が恩返しの意味を込めて応援に!

取り置きのチケットに星のシール貼ってくれて有難う(^^)

2015-02-11 21.11.17

観客が審査員役で投票して、勝ち進んで行かないと陽の目をみない厳しい世界。美容師の下積みもかなり厳しいけどね(笑)

また時間合えば行きたいなと思いました!楽しかったです。

みんな一生懸命なんだよね。

初詣〜中目黒八幡神社

近所に神社が無いかなと思ってGoogle Mapで調べたら、通勤路とは全く反対側の方向に、徒歩2分という近さで神社がありました!2015-01-03 10.15.25これだけ近いのに行かない理由は無いので、お参りに行ってきました。

御札とおみくじを買って、今年も健康で幸せな一年になりますようにとお願いをして帰ってきました。
(本当は、もっと細かく突っ込んだお願いでした(笑))

2015-01-03 11.21.23

 

中目黒の青の洞窟

 

2014-12-22 20.37.11

 

近所なので行ってきました!

あまりの人の多さで、土日祝日は消灯が決まったほどです。

中目黒駅の構内で待ち合わせする人がたくさんいて、日々の通勤で駅を利用する人にとっては迷惑な感じだったのですが、急に土日はガラーンとして不思議に思っていたら「消灯」だったという。。。

平日の月曜日に行ったのですが、それでも人が多いこと(汗;

とてもキレイで神秘的な感じでした!

あと3ヶ月も過ぎたら、桜が満開でピンクの洞窟になりますね♪

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 昨年はお世話になりました。

2014年の2月に東京へ引っ越してきて、6月からは銀座で働くようになりました。

毎月の札幌出張でも沢山のお客様が1ヶ月以上前から予約をして頂いて、楽しみに待って下さるのがとても励みになっています!

そして、11月にはブリスベン(豪州)出張も実現しました。告知してから24時間で全ての予約が埋まるほどの大盛況で、本当にお客様って有り難いなって思います。

 

元日の一発目のお客様 2015-01-01 12.36.30   2015-01-01 17.06.49姪っ子と甥っ子のカットから始まりました〜♪ 実家は2人の子供たちのパワーで揺れてました(笑) 1月2日の始発の電車で東京へ戻りました(汗;

2015-01-02 05.55.15

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2015-01-02 07.45.25-1

洗い流さないトリートメント

これも表参道の有名店では売れ筋No1商品です。
安価なオイルを付けてドライヤーやアイロンを使うと、髪の中の潤い成分を安価がオイルが溶かしてしまい流失し、数週間後には髪の中が空洞状態でパサパサになってしまいます。
このオイルは、髪の中の成分と同じものを使用しているので、流失どころか、どんどん潤いが増していき、ドライヤーやアイロンの熱での傷みを食い止めます!

定価が4,102円なのですが、札幌のお店でも売れています!Webをご覧になった貴女だけに、ほぼ仕入れ値で買えるアマゾンのリンクを教えちゃいます!!

お勧めシャンプー

シャンプーはこれ!
肌に優しいアミノ酸系をお手頃価格で購入できます。
札幌のお店では、メインに使っています。さらさら&つるつるになると好評です。

もっと予算のある人は、最高級のシャンプーはこれ!
表参道のサロンに通うモデルさんタレントさんも使っているようです。
札幌のお店でも、二度目にシャンプーする時はこれを使ってます!!

実は、僕もこれを使ってます。一度使うとやめれなくなります!超お勧め!!

ベージュ・ブロンド

銀座本店にて、外国人向けカラーの講習をさせて頂いています。

今回で8回目になりますので、皆さんも外人さんに対してのハードルが低くなってきたようです。

いつも書いていますが、日本だけが独自のカラー理論とレベルスケールを使用しているので、その理論では外国人のカラーには対応するのが非常に難しいです。

 

自分の感性だけで仕事をするのであれば、理論などカンケーなく経験と勘だけで行えるのですが、誰でもできるようにするためには、やはり外国人向けには海外の理論に当てはめるのが最良だと思います。

詳しい理論の違いはこちら
http://yasu.com.au/archives/213

モデルさんのオリジナルのレベルは「7」です。中間毛先も同等レベルです。

Re-2014-09-25 19.08.46-1

これを9レベルまで上げて、色味をベーシュにします。

すでにオレンジが強く残っているので、これも削りたいです。
ライトナーで9レベルまで上げます。6%のオキシを1:3で塗布します。

9レベルまで上がったのを確認して、ベージュの色味を乗せるのですが、日本の薬剤は色素が濃いのでクリア剤で薄めます。もちろんアンダーピグメントも計算するので、パープルを補色で入れ、艶感を出すために黄色も少し足します。

5分おきに発色をチェックして、シャンプーをしてブローです。

_1010043

日本国内の薬剤は、黒髪用にできているので色味が強かったり、赤みの多い日本人の髪に作られているので緑が多く入っていたりして、外国人の髪に使うとビックリするような色が出てきます。その特性も研究し、正しいカラー理論(ピグメント、補色、アンダーピグメント)を理解して行う事がミスの無い仕事に繋がると思います。