カテゴリー別アーカイブ: ブリスベン美容師ブログ

TVCM モデルの「大西ゆきみ」ちゃん

いつもカット&カラー、矯正などを担当させて頂いています、モデルのゆきみちゃん(大西ゆきみ)、くもんのTVCMに出ています🎵 http://www.kumon.ne.jp/inst/cm/ 髪もいい感じで良かったです✨️

昨年末は、セブンイレブンのクリスマス・チキンのCMにも出ていたんですよ〜😆

海外で使うなら、このアイロン。

海外で働いていると、よく聞かれるのが…

お勧めの、ヘアーアイロン!

100V〜240vまでカバーしている業務用のアイロンはこれ!

ロングでしっかり巻き髪をしたい場合。
ミディアムやボブで、ゆる巻きをしたい場合。
32ミリをお勧めしてます。

クリック
 ↓

それじゃーロングで、ゆる巻きしたい場合は!?
最近流行ってますよね〜♪

38ミリです。
クリック
 ↓

業務用なので、コードが3メートルあるので、使いやすいです。

コンセントのプラグの形状は、その国と地域に合わせて購入して下さい(^^)

ヴェニスの商人〜シェイクスピア

いつも髪をさせて頂いております、モデルの薫ちゃんが、今回は舞台に立ちます🎵

IMG_3527
しかもヒロイン、ヴェニスの商人のポーシャの役です!!!凄い!!!!
サロンでも、髪をしながら、台本読んでいましたもんねぇ〜😊
日々の稽古も大変だったと思います。
関東エリアの皆さん!是非とも足を運んで下さい😊
有名なシェイクスピアの「ヴェニスの商人」です。
貿易が盛んだった16世紀のイタリア、ヴェニスが舞台の喜劇なのですが、悪役を悪役に終わらせないシェイクスピアの登場人物の設定や、「ユダヤ人差別を批判する」という当時の時代背景(1600年頃)、借金の代わりに身体の肉を切り落とす是非の裁判、そして最後の結末は色々と考えさせられるものがあります🎵
あ〜、スケジュールが合えば絶対に行きたかったのに、丁度オーストラリア出張でタイミングが合わず、すごーく残念です(涙)
ぜひぜひ、ご覧下さい!!!!

ヴェニスの商人

~ヴェニスの商人~
【出演】
側見民雄 薫 石山雄大 砂押正輝 奥野正明 杉本茜 せつ子 など
【劇場】
俳優座劇場
東京都港区六本木4-9-2
http://www.haiyuzagekijou.co.jp/sp/
【日時】
8月31日(水)19:00
9月01日(木)14:00/19:00
9月02日(金)14:00/19:00
9月03日(土)14:00/19:00
9月04日(日)13:00
【チケット】
前売り券 5200円 当日 5500円 学生 4200円
チケット取扱
【カンフェティ】
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=34580
【カルテット】
http://www.quartet-online.net/ticket/venisu

女性のための情報メディア macaron

女性のための情報メディアで、美容師も紹介しているmacaronというポータルサイトがあります。

そこに、美容師Yasuを紹介して頂きました😊

掴みどころのない、ハチャメチャな美容師を、よくもまぁ上手にまとめたなと関心する次第でございます(笑)

オーストラリアと日本を年間6往復する凄腕美容師Yasuさんとは♡? (運営:美容院・ネイルのサロンリスト)

どうぞ、ご覧ください!!

ドライヤーを海外で使う。

年に6回、日本とオーストラリアを移動するにあたって、自分用のドライヤーを探していました(笑)

ヨーロッパも、アジアも、オーストラリアも家庭のコンセントは240ボルトあります。(日本は100ボルト、アメリカは110ボルト)。歴史的にヨーロッパの国々が、アジアやオセアニアを植民地にしてライフラインの整備をしたのもあり、電圧がイギリスやポルトガル、スペインと同じなのは、そうような歴史的背景も絡んでいるようです。

ちなみに、日本はアメリカ色が強いので(表現を遠回りにしました(笑))カナダ・アメリカとほぼおなじ100、110vですね。(コンセントの形状は違います。)

hz

Mapをみれば、200〜240ボルトの地域(ブルー)が世界を占めているのがわかります(笑)

ブリスベンで仕事をしていて、時々お客さんから聞くのが「日本からドライヤーを持ってきて、コンセントのプラグだけを変換し、スイッチを入れた瞬間に、火を吹いたと話をよく聞いていました(笑)

ドライヤーが海外(240v)対応じゃないと、危険です(汗;

海外の美容室でドライヤーを使用するには、現地で購入しなくてはいけません(業務用はコードが3メートルでパワーも2000ワット以上あって日本よりメッチャ熱いし強風(笑))

家庭用はコードが1メートルだったりしますが、家の中で自分の髪にしか使いませんから、家庭用で十分ですよね。

それで以下の条件で捜しました。

  • 100〜240ボルト対応。
  • 軽くて、スーツケースに入れても場所を取らない
  • もし移動中に壊れてもいたましくない(安い)

それで購入したのが、これ!

小型なんですけど、家庭用なんですが、電圧240ボルトの国で使うと、1400ワットになるので、日本国内の業務用のドライヤーと同じかそれ以上のパワーなんです!!

もし、マイナスイオンが良いのであれば、少々パワーは落ちますが、それでも1200ワットなので業務用のパワーと同等です!

コンセントの形状は日本の形をしているので、オーストラリア(ニュージーランド・フィジー)は(Ò型)のものも忘れずに購入して下さい!

ちなみにドイツとヨーロッパの殆どはC型ですので、こちら!

th_IMG_4247
家庭用では完璧です!!

サロンでのヘアカラーとホームカラーの違い。

ホームカラーとは、ドラッグストアやスーパーなどで市販のカラー剤を購入し自分で染める場合、自宅で染めるので「ホームカラー」と呼ばれてます。

今回は、どうして、市販薬だと傷むのか?ってお話です。

市販薬は
・誰が塗っても染まるように、染まる力が強い。
・染まりづらい毛質を基準に作られているので、染まる力を強くしないとクレームになる。
・特有なツンと鼻にくる臭いがしないように「非揮発性」と言って、髪の中に残ってはいけない残留アルカリを残してしまうので、数週間も髪の中にも頭皮にも残ってしまい、長期に渡りダメージが促進される。
・コマーシャル料やパッケージのデザイン料が入っているため、原料を安くあげないと、あの金額では採算が合わない(だろう)。

実際にオーストラリア在住の日本人のお客様で、日本の市販薬を家族に送ってもらい、分け目と顔まわりだけ自分で染めているそうで、顔まわりの髪質だけがゴワゴワになっていて、一瞬癖毛?とも思ったのですが、癖毛でも健康毛は健康毛ですから。薬剤によるダメージと判断するしかありませんでした。

そして、市販薬で染め続けている人の頭皮が、突っ張ったように皮膚が萎縮しているのか、毛穴までも締め付けられたかのようになっているように見受けられるんです。

サロンの薬剤も、メーカーによってはピンキリですが、最近は揮発性でも素の成分が良くなっているので、匂いも改善されているしダメージも軽減されています。

テクニックも、このように工夫して染めています。

ビデオに登場しているのは、表参道で働いていた時のスタッフです!ちとお借りしました(笑)
このサロンで使用しているカラー剤、処理剤、トリートメント剤を、札幌でもブリスベンでも使用しています。

記憶より記録

過去に色々なアシスタントを見てきて思うのだけど、きっちりメモを取る人、うんうん頷いてメモを取らない人。

小さな事かもしれないけれど、一年後には大きな差が出て、5年経ったら凄い差ができる。

毎日のように練習して、さっぱり成長しない人もいれば、短期間で覚えてしまう人もいる。

色々な要素があるかもしれないけれど、その中の一つにメモを取る習慣がある。

そして、メモを取るだけではない、それを何回も読み返すか、メモを書くだけ書いて放置&紛失してしまうか。

スタイリストになって、このメモを取り、読み返すという習慣が役に立つ。逆言えば、これができないスタイリストはお客さんの固定率が悪くなると思う。

現在、僕の顧客メモは全てEVERNOTEに付けている。とても便利なクラウド型のデーターベースアプリだと思う。
(しかし、講習会やセミナーに参加した時は、ノートに書き取っている。後から読み返しても衝撃的に役に立つ内容が書かれてる。)

お客様の名前、来店日、施術内容、注意点、反省点、次回の改善点など記入し、雑談の内容も時にはメモる。

そして、そのお客様がご来店する朝、もしくは前日に目を通す。お客さんは「よくそんな事まで覚えてますね~」と関心されるが、「メモを取っている」なんてタネ明かしはしない(笑)

「仕事ですから」と涼しい顔して言う(笑)

技術者としての拘りもあるので、今日やったお客さんのスタイルも、必ず反省点を探して次回に繋げている。そういう向上心が無ければ職人失格だと思ってる。経験年数が何年あっても何十年あっても、その向上心と探究心がなければカスだと思ってる。

その反省点を記憶することは不可能であり、そんな超人にはなれっこない。だから記録する。

僕がアシスタントの時、当時19才から、メモってノートを付けて、練習の前に読み返して、同じミスは絶対しないようにし、改善点に注意を計らいながら練習した。お陰で短期間で仕事は身について、経験1年半で既にお客さんにカットしていたし、20才そこそこで店長代理をして店を回していた。

まずメモれ!そして読み返して日々の練習、仕事に活かせ!

と言いたい。