カテゴリー別アーカイブ: 未分類

アマゾンFireタブレット

↑ ↑ ↑
どうしようか散々悩んだあげく、4980円という値段に負けて申し込みました。。。

僕の生活は、80%はアマゾンで成り立っていて(笑)

先日も、銀座のお客さんとアマゾン話で盛り上がったのですが(笑)お米も洗剤もミネラルウォーターも、札幌のお客様用の雑誌から、車を運転しないので配達してくれるのは大助かりでプライム会員なんですね〜!

アマゾンfireタブレットを購入すると、毎月本を一冊無料でダウンロードできるということなので、3ヶ月で元を取れちゃう計算できますもんね!

アメリカのドラマや映画も見放題っていうのも魅力!(そんなの見る時間あるのか?って話も(汗;)

いつ届くか楽しみです♪

安売りは業界を滅ぼす

職業は理美容師と言うと、よく言われるのが…
「カットって仕入れが無いから、まるまる利益だから儲かるよね〜」とか
酷い時には、
「原価がかかってないのに、なんでカット料金に6000円(銀座は1万円)も取るの?」
なんて、時々聞く。

母も美容師なのだが、僕が子供の頃に、義理の姉妹(僕からすれば叔母)がパーマをかけに来て、母にお金も払わないで帰っていく姿に、それが当たり前なのか…と。パーマ液代の原価が当時数百円だから良いのか?と。

僕が専門学校の授業で、始めて人形の頭相手にパーマを全頭巻いた時に、6時間もかかり。こんなに難しい仕事だから、パーマの料金は高いんだ…って一人で納得していた。

カットの料金は、それぞれサロンや技術者によって違う。その理由は、経験値、勉強に費やす時間、どうしたらお客さんがより良く手入れが楽にキレイな髪になってもらえるかと真剣に考える時間。下積み時代なんて手取り数万円で修行してきた。せめて技術者になってからは陽の目を見ても良いのではと思う。

技術料は、その技術者が今までに技術習得の勉強に費やした「時間」という原価に対して支払われると思う、さらに設備投資費や電気代、固定経費の家賃と給料など。

例えば30年も美容師をやっている人が、過去20年もの間、まったく勉強もせず向上心もなく、ただ来たお客さんをカットし続けてきたのなら、カット1000円でも2000円でもどうでも良い。しかし、自分の仕事に誇りを持ち、何十年美容師をやっていても新しい技術や流行を勉強してお金と時間を常に投資し続けている美容師へは、きちんとした対価を支払わないと、業界が駄目になるし、良い技術が市場に出てこないとお客様にも不利益になるのではないかと思う。

技術者も、自分の歴史の「時間」に対して、堂々とカット1万円ですって言えるような業界になり、人々も技術者の努力に敬意を払って支払えるような構図になって欲しいなと思う。それにはあと何十年もかかるかもしれない。いや、そんな時代は来ないのかもしれない。

調理師も美容師も、下積みが厳しいのに見合った料金が取れない業界ってデザイナーもそうだし、たくさんあるのだろうと思う。

この記事を読んで考えされされました。↓

どうしてプロに無償で仕事依頼をしちゃ駄目なのか

渋谷よしもと∞ホール

ブリスベン時代の教え子?が芸人目指しててライブやるというので、こりゃ1度行かなくては!って事で、渋谷よしもと∞ホールに行って来ました(笑)

2015-02-11 22.30.10

当時(8年前)カメラ片手に一生懸命お手伝いしてくれてたのを思い出し、今度は僕が恩返しの意味を込めて応援に!

取り置きのチケットに星のシール貼ってくれて有難う(^^)

2015-02-11 21.11.17

観客が審査員役で投票して、勝ち進んで行かないと陽の目をみない厳しい世界。美容師の下積みもかなり厳しいけどね(笑)

また時間合えば行きたいなと思いました!楽しかったです。

みんな一生懸命なんだよね。

初詣〜中目黒八幡神社

近所に神社が無いかなと思ってGoogle Mapで調べたら、通勤路とは全く反対側の方向に、徒歩2分という近さで神社がありました!2015-01-03 10.15.25これだけ近いのに行かない理由は無いので、お参りに行ってきました。

御札とおみくじを買って、今年も健康で幸せな一年になりますようにとお願いをして帰ってきました。
(本当は、もっと細かく突っ込んだお願いでした(笑))

2015-01-03 11.21.23

 

中目黒の青の洞窟

 

2014-12-22 20.37.11

 

近所なので行ってきました!

あまりの人の多さで、土日祝日は消灯が決まったほどです。

中目黒駅の構内で待ち合わせする人がたくさんいて、日々の通勤で駅を利用する人にとっては迷惑な感じだったのですが、急に土日はガラーンとして不思議に思っていたら「消灯」だったという。。。

平日の月曜日に行ったのですが、それでも人が多いこと(汗;

とてもキレイで神秘的な感じでした!

あと3ヶ月も過ぎたら、桜が満開でピンクの洞窟になりますね♪

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 昨年はお世話になりました。

2014年の2月に東京へ引っ越してきて、6月からは銀座で働くようになりました。

毎月の札幌出張でも沢山のお客様が1ヶ月以上前から予約をして頂いて、楽しみに待って下さるのがとても励みになっています!

そして、11月にはブリスベン(豪州)出張も実現しました。告知してから24時間で全ての予約が埋まるほどの大盛況で、本当にお客様って有り難いなって思います。

 

元日の一発目のお客様 2015-01-01 12.36.30   2015-01-01 17.06.49姪っ子と甥っ子のカットから始まりました〜♪ 実家は2人の子供たちのパワーで揺れてました(笑) 1月2日の始発の電車で東京へ戻りました(汗;

2015-01-02 05.55.15

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2015-01-02 07.45.25-1

Ryuichi Sakamoto World tour 2011

教授のコンサート。ロンドン〜パリを回ってドイツにやってきたワールドツアー2011です。その11月6日のドイツはドルトムント市で行われたコンサートに行って来ました。

日本人観客は数えるほどしかいなく、殆どはドイツ人でした。さすがは世界の坂本です!
席は前から15列目の真ん中辺りで、教授の手の動きもよく見える角度&距離でした。

坂本龍一のイメージが、細身でスラっと背が高く・・・って思っていたのですが、意外にガッチリと日本人体型でびっくりでした。

ピアノの席に付く前にピアノの弦を一本だけ引きぬいて丸めて後ろにポイっ!あれは弦だったのか?何をポイしたのだろう。。。天才のやることは意味が分かりません(汗;

いざ演奏が始まると、やはり芸術でした。坂本教授の奏でる音というのは優しさと力強さと安心感がある。チェロ奏者はおじいちゃん?って感じのヒゲを生やしたアメリカ人?西洋人でした。バイオリンは若くてちっちゃな女の子って感じのアジア人。

「戦場のメリークリスマス、ミスターローレンス」が流れた時には涙が出そうになりました。全体を通して何が良かったかと言うと、30年前のYMOの頃から知っているんですよね、坂本龍一の存在を。あのテクノサウンドを作っていた彼の行き着いた所が、このピアノとチェロとバイオリン。

彼は、お金を稼ぐために演奏してないんですよ。自分の名声を広めたいから世界ツアーをしてるわけじゃない。テクニックを見せたいからコンサートを開いていない。純粋に「楽しいから」「好きなんだよねー」って演奏している。そして自分じゃなくて若い小さな女の子の将来を考えてトリオのメンバーに入れている。決して若い兄ちゃんを呼び込むためのまき餌じゃない。

そういう意味で、坂本龍一の凄さを味わい、彼の歴史を自分なりに振り返り、「いけないルージュマジック」の頃の忌野清志郎とメイクをしていた顔を思い出しながら、目の前の白髪頭と演奏中にずり落ちてきそうな黒縁メガネを右手人差し指でクイッと上げる教授の仕草を見ながら…。自分の晩年もお金ではなく名誉ではなく、教授のように純粋に楽しく好きな事をして過ごしたいなと思いながら、僕の憧れの視線の先から流れてくる名曲の数々に酔いしれていました。

約2週間前に行われたパリ公演のライブの音源が、既にiTune Storeで購入できるそうです。曲順もドイツで行われたコンサートと同じなので、早速購入して自分の50歳代はどう過ごそうかを教授の曲とともに考えながら、もう終わりに近づいているデュッセルドルフの秋を堪能したいなと思います。